アップスターレンタルの疑問

アップスターレンタルに関する疑問はここで解決!

工事現場や天井作業においてか欠かせないのが高所作業用のアップスターです。
こうした機器を自社でもっている企業は少なく、多くがレンタルを利用します。
その基礎知識やそれにまつわる豆知識などを当サイトではご紹介していきたいと思っています。
工事現場や高所作業とは、作業するものにとっては恐怖と危険に常にさらされています。
そうしたことを使用者はよく考えたうえでこうしたサービスを活用しなければなりません。
当サイトが少しでもお役に立てることを祈っています。

初心者でも簡単に理解できる!アップスターレンタルにおける基本知識をご紹介します!

初心者でも簡単に理解できる!アップスターレンタルにおける基本知識をご紹介します! 天井の作業、照明の取り付けや天井壁の交換などに必ずと言って用いられるのがアップスターです。
高さ調節も簡単であり、レンタルであれば業者が現場まで運んでくれ使用後は回収してくれるので非常に利便性が高いといえます。
自社で所有すると保管場所も困ってしまうのでレンタル活用している企業がほとんどです。
基本知識としてこのサービスを活用する際は、必ず比較サイトなどで複数社から相見積もりを取り、対応が丁寧でサービスや補償が充実している業者を選ぶのが基本知識といえます。
なぜなら安ければいいというものではないからなのです。
アップスターを使用する者は常に転落や店頭などの危険と隣り合わせで命がけの作業をしなければいけません。
そこでアップスターのレンタルにまつわる約款や契約書など隅々まで目を通して確認したり、保険など補償サービスが充実している業者を選ぶべきです。

アップスターのレンタルは天井作業に必須なサービス

アップスターのレンタルは天井作業に必須なサービス 天井作業でアップスターをレンタルすれば、従業員の作業効率を上げることができます。
通常の作業ではアップスターなどの昇降式移動足場は必要ない、いつもは使わないから購入するのは迷うといった場合にも、一時的に借りて現場で使用することで従業員の安全面を守ることができるでしょう。
昇降式移動足場にはさまざまな種類が存在しているため、自社で所持していないモデルを利用したいときにも便利です。
急な天井作業でアップスターのレンタルが必要になった、自社で持っているモデルでは高さが足りないなどの非常時にも活用できます。
また、貸し出しを行っている会社によってはさまざまなモデルを用意しています。
自社内で本格的に利用する前に現場で利用してみる、使ってみた感想をスタッフに聞いて購入を検討するといった方法もおすすめです。
アップスターのレンタルは天井作業に必要なサービスです。
危険な作業になりがちな現場の仕事を守るためにも、安全な作業が行える昇降式移動足場やアップスターの存在は欠かせません。
なお、現場まで届けてくれるかどうか、納期や料金はどれぐらいなのかといった点もあらかじめチェックしてから貸し出しを頼むことをおすすめします。

実態は軽量で持ち運びも簡単なアップスター

背の高い建物を建てる時や天井や屋根の建設、建物の外壁のリフォームや塗装などの高所での作業時には、安定した足場がないと不安定で精度の高い作業はできず、作業時の安全性もなくなります。この足場となる機器のことをアップスターと呼び、見た目はハシゴのように鋼管を組み合わせて、作業台を据え付けたもので、大きさは背の高いものから低く小さなものなどがあります。大きなものは重く持ち運びも大変に見えますが、実態は数本の鋼管で、これらを組み立て使用するので持ち運びも簡単で、組み立ても特殊な工具も必要ありません。さまさまなタイプがあり、キャスターがついていて、移動が簡単なものや、作業床が昇降できる機能のあるものがあります。作業床は周りを手すりで囲まれていて、安全なスペースでの作業ができ、大きなものは数人の足場を確保できるタワー状のものから、特殊な昇降装置の上には四角い箱のような部屋を取り付けた1人用のものもあります。アップスターは作業の精度、作業者の安全を守る大切な機器です。

昇降式移動足場アップスターの安全対策とは

昇降式移動足場のアップスターは、高所作業の頼もしい味方ですが、それは安全対策を理解して正しく使うことが前提ではないでしょうか。アップスターは足場の設置が難しい場所で使用する、組み立て式の足場代わりになるもので、設置要件のハードルが低く昇降することで簡単に高所作業を始められるのが特徴です。基本的にアップスターは手動で昇降するので、使い方を間違えると怪我をしますし、故障したり破損することも考えられます。人を乗せたまま昇降したり移動するのは危険ですから、メーカーも筆頭の注意点として注意を促しています。他にも作業時に声出し指差し確認を行うこと、足場の上でつま先立ちを避けたり安全帯をすることも安全対策となります。改めて確認しても基本的なことばかりですが、この基本がアップスターにとって大事だといえます。足場はやはり安定性が作業性や安全性に直結するので、設置する場所が平らかどうか、グラつきがないかも含めて確認してから設置するのが正解ではないでしょうか。

アップスター検査を実施する際に必要な資格

昨今の日本では、地上40階以上の高層タワーマンションが全国各地で数多く建設をなされています。この建物では定期的に外壁の状態をチェックして、不備が無いように管理をしないといけません。その業務のことをアップスター検査と言います。ここでは簡単に、このアップスター検査の概要と必要な資格について述べていきます。まずアップスターでは必ず超音波機器と打診棒という2つのアイテムを用いるのが特徴です。超音波を壁面に照射をして、内部に空洞がないことを確認します。さらに打診棒を使って表面のチョーク化が進んでいないことを目視で見て作業を進めていきます。このアップスターを実施するのは必ず、安全帯を備えた高所作業免許を有していないといけません。通常はゴンドラに搭乗して実施をしますが、高さ20メートル以下の建物であれば屋上から安全帯のみで現場に赴きます。必ず装備を点検して、2名1組で業務を進めることを義務付けられているものです。

アップスター等の高所作業におけるヘルメットの必要性について

2018年に改正された労働安全衛生規則では、高所作業におけるルールが厳格化され、作業者の安全性を考慮した内容となっています。フルハーネス特別教育のほか、ロープ高所作業特別教育などの様々な関連資格についても明記されています。 このような流れの中、高所作業という言葉の意味を理解しておく必要があります。高所作業とは、2m以上の高さで行う作業のことであり、脚立やアップスター等の足場も例外ではありません。墜落制止用器具の着用はもちろんのこと、忘れてはならないのが墜落時保護用ヘルメットの着用です。 毎年、約2万人の作業員が転落や墜落といった事故により、4日以上の休業が必要な怪我をしています。このうち最も多いのがはしご、脚立及びアップスター等の足場での事故です。特徴として、墜落時保護用ヘルメットの未使用や誤った着用により重症化したものが多いことが挙げられます。今後の課題として、法整備だけでなく、各現場単位での安全管理体制の構築が重要であると言えます。

現場で活躍するアップスターは輸送にも便利

さまざまな現場で活用されている機材として、アップスターは輸送面でのメリットの多さも魅力です。作業床を下げてアウトリガーを折り畳めばさらにコンパクトになり、エレベータをはじめとした機材での移動が可能になります。簡単に移動が行えるため固定機材として使う必要がなく、必要な時に随時動かして使うことができるでしょう。コンパクトなアップスターは輸送だけではなく保管にも優れており、段積みをして保管することも可能です。また、トラックやユニックセルフ車を利用して現場への運搬も楽に行なえます。強靭で安全性も高く、多種多様なシチュエーションで活躍するアップスターを使いたい現場も多いのではいでしょうか。バネバランス式を採用しており、作業床の移動も手動で簡単に行えます。社内で所有している1台を現場に合わせて運搬して使う、使用しない時には段積みをして保管しておくなと、シーンごとの使い方ができる便利な機材となっています。

●アップスターのレンタルに関するサイト●

溶接機のレンタルなら

新着情報

◎2022/2/2

情報を更新しました。
>実態は軽量で持ち運びも簡単なアップスター
>昇降式移動足場アップスターの安全対策とは
>アップスター検査を実施する際に必要な資格
>アップスター等の高所作業におけるヘルメットの必要性について
>現場で活躍するアップスターは輸送にも便利

◎2021/11/30

サイトを公開しました

Copyrignt(c) 2021 アップスターレンタルの疑問 All Rights Reserved.